読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資料

今回は初めてのF1模型なわけですが、F1といえば考証だと思っています
どの車種のいつのGP出走車か、ドライバーは誰か、というデータが歴史的事実なのですから当然そこに本物が存在したわけで、それが唯一無二の正解ということになります
全てが収められた資料というのはないにせよ、出来る限りの考証を持って臨むというのがF1模型の醍醐味ではないかと考えています

というわけで、至らないにしても少しぐらいの研究はすべしと資料本をいくつか用意しました

レースカーのガレージキットメーカーMFH(モデルファクトリーヒロ)から出ている126CKの資料本
実車の写真集ですね
GPごとに時系列にまとめられていて、一番役に立ちそうです


モータースポーツ誌 Rasing on のジル・ビルヌーブディディエ・ピローニの特集号
こちらは2人のレーサーのドラマを掘り下げた記事で大変興味深く、もちろん写真資料も多く収録されています


もうひとつ こちらは模型制作の資料
モデルグラフィックス誌別冊 F1モデリングラボラトリー
F1模型の制作テクニックが一通り網羅されている感じです
今の私には必要な教科書
ズバリの126CKの制作を記事にしてくれてたら最高ですが、さすがにそこまでは望めないですね
しかし、大変タメになります


以上の資料でひとまず進めてみたいと思います
あとは手を動かす番!