読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリング

リアサスペンションのダンパーをディテールアップします
元のパーツはこれ
小さいですから1パーツで出来ているのはしかたないというか、まあ当たり前でしょう
コイルスプリングのモールドが一体化しているのでこれを改修します


市販の小さなスプリングを物色したのですがどうも径や長さが合わないので自作することにします
もちろん見た目だけスプリングに見えればいいので、柔らかめの金属線を軸にグルグル巻いて作ります
選んだのはアルミ線
線の太さを試すため2種類用意しました 上は0.5mm 下は0.4mm


軸に使うプラパイプに巻き付けます
細いアルミなので柔らかく、簡単に形も付きます
比較してみると、左の0.5mmではちょっとオーバーな感じになってしまうので右の0.4mmを採用


スプリングのモールド部分を切り取ってプラパイプに置き換え
塗装後に組めるようにまだ分解できるようにしておきます
スプリングの両端の余分なところは塗装の際に持ち手に出来るのでまだ切り離さずにおきます