読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職人チューン

乾燥待ちでまたリアに戻ります
写真資料をよーく見ると、アッパーアームとエンドプレートを支持するマウントが、ギアボックス下側から生えていることが分かりました
てっきりギアボックスの後端にエンドプレートを止めて、それによってアッパーアームを支持しているものと思ってました

真鍮線を曲げたもので制作しますが、これは開き角度や支持高さが狂えばアームの高さがチグハグになったりエンドプレートが傾いたりしてしまう重要な部分
図面引いて計算しても多分その通りに部品が作れないので、現物合わせでいきます


方眼のマットの上で水平垂直をしっかり出し、真鍮のブロックで後輪のアップライトを挟み込んでいます
アップライトを平行に保たないと今度はタイヤが曲がってしまいます
この辺はF1カーだけでなく実車も同様かと思いますが、実に絶妙にバランス調整がされているのだと分かりました

数回の試作と調整を経て、だいたい合格ラインに収めました
この調整だけで2日くらいかかっています(;^_^


シルバーウィークも今日で終わり
この休みはほぼ毎日作業が出来ました
見た目あんまり進んでないんですが、(;^_^
今回のような細かな調整が出来たので収穫ありと思っています