読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレームスクラッチ

またリアサスに戻ります
アッパーアーム前方に支持部まで伸びる軸を真鍮線で追加します
で、その軸を接続するマウントですが、ここはできればいじりたくなかった・・・
ここをいじるとまたバランスを自分で取り直すことになってしまうのです

でも、どう見ても支持部がズレてしまっていてとても動くパーツには見えません
資料写真にはほとんど写っていないのですがここもやはり形状が違っているようです


形状的には角棒を溶接して作ったようなフレームなのですが、軸位置をしっかり出せるようにまずは大きく切り出したプラ板に穴を開けて位置決めします


細切りの薄プラ板を貼ってガイドにします
厚みも少し足りなかったのでちょうどよかった


切り出して・・・

取り付けてみます