読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイング周り

フロントウイングはペーパー掛けの前にやらなきゃいけないことがあります
リベットのモールドが邪魔になるのでこれを切り落として穴を空けて、ひとまず凹モールドにしておきます



ピンバイスで穴を空けますが、一直線上に並ばないとカッコ悪いです
リベットの間隔を計ってプラ板に全く同じにコピーして定規を作ります
これをゲージに左右とも開口します


翼端板も削り落としてしまっていますが、これは置き換え用のエッチングパーツがあります



リアウイングと共にヒケ修正した後です
ウイングは無塗装のアルミの地色になるので、模型ではピカピカの銀で塗装することになります
サフでキズチェックした後ツヤ有りの黒で下地を作ります



リアウイング用に用意されているエッチングパーツはこれだけ
ただ、なんでも置き換えればいいというわけでもなさそうで・・・



ウイング裏側のステーとジョイントするための板がエッチングパーツになっています
これを貼付けるにはウイング裏面のカーブに沿って曲げる必要がありますが、この堅い部品が思い通り丸まってくれるでしょうか?
浮いてしまっては元も子もありませんし、元々のプラパーツの出来も決して悪くありません
いろいろと検討しましたが、この辺りは使わないでおこうと思います



一方、車体後部のエンドプレートとウイングステーを繋ぐ部分は、実はエンドプレートと一体になっている鋳造部品であることが分かりました
以前に作ったエンドプレートに接着して整形するためにはこの部分を作り直す必要が出てきました



細い角プラ棒を組み合わせて作ります
元のパーツは切り取って内側を削り、ウイングステーを塗装後に差し込めるようにします