読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャーシー補強

仮組みした時から気づいてはいたのですが、このキットは最終的に接着してしまわないと足回りがグラグラです
シャーシーを組んではみましたが、キッチリと車高やボディ位置が出せません
このまま進めてしまうと車体が傾いたりタイヤが接地しなかったりと、最後の仕上げでヒドい目に会いそうなので、シャーシーをカッチリ決めてしまいたいと思います


すべてのホイールはこの四角いダボを合わせて接着する設計になっています
このダボが浅くて差し込んだだけでは保持が出来ず、まるで位置が出せません
ここからいじっていきます


ホイール表側はロックナットとシャフトのモールドになっているので、これを活かしてシャフトが刺さるように取り付け方法を変更します


ホイールに穴を空け、四角のほぞも削り取り、プラ棒で差し込めるようにします
前後輪ともこの工作を行ってまずホイールの接続を安定させます


後輪はギアボックスから伸びるドライブシャフトがホイールと接続されるわけですが、ここがやはり接着しない限りグラグラでリアは特に正規の車高が分からない状態です
幸い平時にはドライブシャフトは水平になるようですので、ここは金属シャフトに置き換えて補強します


ドライブシャフトの部品に合わせて1.2mmの真鍮線をシャフトにします
両端のジョイント保護のブーツの部分を切り出してきて穴を空け、真鍮線に通します


左右のシャフトを1本モノにしてしまって強度を出す作戦です


アップライト内に収まるジョイントもパイプで作って真鍮線に被せる形で繋ぎます
これでホイールの直前まで1本軸にできます


シャーシーを組んでみました
車体は安定し、タイヤがポロリすることもありません


これでようやくサイドパネルの位置出しが出来るわけです