読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遮熱板

遮熱板のスクラッチです
先日バキュームフォーマーを作ったことだし、今一度駆使して遮熱板のパーツをバキュームフォームで作りたいと思います

原型制作
1mmプラ板の工作でキットパーツより大きなものを作ります


型取りのために紙粘土の山に埋めます


ふたたび『おゆまる』登場
以前はこの中にポリパテを流して凸型を作りましたが、材料のプラ板の厚みぶんを削ったりするのに紙粘土の方が便利だと思いました
技法の性質上、そんなにシャープな部品は作れないし、気泡埋めの必要がなくなるのもメリットだしで、今後やる場合も紙粘土で行くと思います


で、紙粘土に置き換え 表面処理をしておきます
必要なのは一番上の面だけですのであとの面は処理不要です


そしてプレス
今回は透明である必要は無いので普通の白プラ板です
やはりこちらの方が上手くいきます


切り出してエンジンに貼付けるための耳をちょこっと付けます


マフラーと合わせてみましょう
ギリギリで乗っかる感じですが、これ以上遮熱板を大きくするとこのスペースに収まらなくなるのでこのくらいにしておきます