関節ディテール

ひとまず形にした関節部をきれいにしていきます
このままだとポリキャップ 本体や軸部分が剥き出しなので・・・

 

肩の軸露出部分は上からプラ板を貼ってしまいます
ポリキャップにはどうせ接着剤が効かないのでベッタリ貼り付けても動きに支障はありません
加えて、各部の角を丸めて体裁を整えます

 

肘のポリキャップ剥き出し部分もなんとかしたいところですが、前述のようにポリキャップには接着剤が効きません
合成樹脂なのに専用接着剤もないのは考えてみたら不思議ですが、何を使っても着かないのです

 

で、どうするかというとこういうものが売ってます
接着しにくいプラスチック素材を瞬間接着剤で接着する際に使えるプライマーです
ポリキャップはポリエチレン製ですのでこれを塗れば着けられるはず

瓶のキャップについたハケで対象物に塗ります

 

乾いた後にプラ板を接着
無事着きましたが実は最初の数回はポロリと剥がれてしまいました
ダメなのかな?と思いながら数回試したら着いたんですが、なぜ着いたのか理由が分かりません
古い接着剤を削り落とした時に表面にキズをつけたのが効いたのかもしれません

プラ板が着いてしまえばその上にディテールを貼るのは簡単です

こんな具合に改造箇所をキレイにしていきます

 

足オモリ

SDのプラモっていうのはもとからバランスが悪くて立ちにくいと思いますが、改造によってさらに立ちにくいものになってしまっています

足裏にオモリを仕込んでみます
これは釣具屋さんで売ってる板オモリ
鉛の薄い板で柔らかく、ハサミやカッターで切れます

 

これを小さく切って脚の裏に詰めていきます

限界まで詰めてこれくらい
足が小さいのであまり重くはできないですが、無いよりは安定します

 

アーマーパーツを全部付けて立たせてみますがマントがあると残念ながら不安定ですね
外せばけっこう安定するんですが

 

しゃがみを試してみます
こちらはまあまあ決まります
サイドアーマーに仕込んだ可動が奏功してますね

 

サイドアーマー

あけましておめでとうございます
新年は腰のサイドアーマーから始めます
本来の可動部は一軸とボールジョイントでの接続です
これだけでは本体の可動に着いてきてくれないので前後のアーマーのようにジョイントアームを作ります

 

プラ板とポリパーツでこんな部品を作ります
両方ともボールジョイントです

 

サイドアーマー裏側を削り込みジョインとアームを収めます
アーマー側の接続軸受けは写真左の白いプラパイプ

アーマー側はこうセットして・・・

太もも上部の軸受けに接続します

ジョイントアームでこのように開くことができます
両端の軸受けで回転とボールによる少々のスイングが可能です

 

反対側も同じ可動を仕込みます

 

腰アーマー

可動の邪魔になるものは他にもあります
腰を覆うアーマーが問題
前後のアーマーはキットではこんな接続 これではまるで動かせません

 

ポリパーツとプラ材でジョイントを作ります

股関節側

前アーマー裏にも仕込みます こちらはボールジョイント

これを繋いで・・・

長さを調整します

前に出したり傾きを変えたりできるようになりました

 

後アーマーもほぼ同様に工作

 

お試しでちょっと組んでみます
膝立ち姿勢にも着いてきてくれます

年内の更新はここまでです

また来年もご覧ください

どうか良いお年を

マント可動

さて、首が大きく動くようになってもそれだけでは可動として不十分なのが辛いところ
背中に付くマントのパーツが邪魔をして改造した首を動かしてくれないのです

 

マントの基部を可動させましょう

基部の中に首の時と同じくABS板で小さなヒンジを仕込みます

背中への取り付け部が後ろへ開くようにします

本体に取り付けると・・・

こんな具合に動きます

 

マントも動かさなきゃいけないかな?と思っていましたが、これだけでなんとかなりそう

 

首関節

首の関節をいじっていきます
キットの可動はこんな感じ
ボールジョイントに加え、その下が大きくせりあがる構造で、これだけ見れば悪くはありません
しかし、SDといえば巨大な頭部
これだけでは頭を動かすには不十分なのです

 

首可動パーツを取り出しました
これを改造しようと思ったんですが小さ過ぎてちょっと難しい

 

というわけで新造します
これまで使ってきた市販ポリパーツはここには大き過ぎて仕込めないので全て手作りになります
今回使う材料はプラ板ではなくABS板
あまり流通していませんがプラ板(スチロール樹脂)より削れにくく粘りがあります
すり減りにくい軸可動パーツが作れます

1.5mmの真鍮線を軸にした可動を一つ追加します

 

組み合わせたものがこれ 軸を一か所増やしています
先端のボールジョイントは元のパーツから切り取って移植します

 

胴体に組み込んでみます

ここまでは通常と同じ可動ですが・・・


もう一か所動いて立ち上がります

 

頭部を付けてみます
こんな具合に動きます
最後はだいぶ大げさですが

 

両脚揃い

右脚も同じ工作をして揃えます
方針が決まっているので2つ目はすんなりできますね

 

脚が概ね形になったので、すねの装飾アーマーを加工します
すねと足首で一体化されているアーマーを

分割します
これもキット2つぶんのパーツを使って一体ぶんを作ります

足首側はまだ引っ掛けているだけなのですぐ取れちゃいますが、装着できました

 

立膝ポーズ
股関節のクランクを使って自然に決まります